Menu

誤解されやすいくま的、誤解されたくない熊の話し

誤解されやすいくま的、誤解されたくない熊の話し

誤解されやすいくま

一月半ぐらいのペースで行ってる美容院で座ってる熊というかテディーベア。

 

糸井重里が一日も休まず更新しているウェブサイト、ほぼ日刊イトイ新聞に「誤解されやすいくま」というオリジナルキャラクターがいて、それをドイツのぬいぐるみメーカーのシュタイフというところがテディベアテイストで新たにデザインをすることになったというコラボレーションとのこと。手足が長かったり歯や爪がどこかリアルな、ぬいぐるみらしくないテイストが良いですね。毛並みも良いですね。

それよりも糸井さんが毎日コンテンツを生み出していること、お忙しい方だとは思うのですがそれを継続していることに驚きますし、更新をサボりがちな私は本当に見習いたいですね。、(笑)

でもコンテンツとして意味のあるものにしたい。書きたい衝動でそのまま書き終わり、それで満足してしまわないように最近は投稿について意識しています。

 

「誤解されやすいくま」が出たぞ〜と誰かが言ったとか、言わないとか。、

 

書くことで誤解されることもあれば、書かないことで誤解されることもあるように思います。

人からどう思われるか、デザインという仕事はスキルももちろん大切ですが、とくに人柄や「この人と一緒に仕事をしたい」と思っていただけるかどうかがとても関係してくるように思います。

そうか、熊は恐いね、危ないよねということでデザイナーを警戒しないでください。優しい熊もいるらしいです。とまぁ明日からまた連休を頂きます。無理やりな投稿から果たしてコンテンツは生まれるもんかね?(メール連絡などは対応できる状態なので、何かあればお気軽に。(営業))

 

ほぼ毎日、何かをしている(仕事だったり生活だったり)、伝えたいこと、伝えた方が良いこともあるかもしれないけど報告系の投稿ばかりにはしたくない。投稿ごとにちゃんと読んでくれる方に対し、興味を持ってくれた方に届けるためにしっかりと内容を考えたい。

だが、時間がかかる。

内容が薄く、情報がない。、

それを補うために時間をかける。

書いてることを忘れる、書きたいという熱量を失う。

ある日、ふと思い出す。、でも進まない。

という無限ループに陥り、何ヶ月も前回の更新から日が経ってることもあります。しっかりとした読み物系もコンテンツ、日々のなんだかんだもコンテンツではあります。そうですバランスが大事なのです。

 

さぁ今日は午後からご新規のヒーリングサロンの方からのご依頼で、お打ち合わせに行ってきます。
いろいろと考えますと納期までギリギリかと思いますので、細かいところまでお話が出来たら良いなと思います。なので出来るだけ頭の中を一杯にしておいて、お休み中もアナログ作業的な事は少しのんびりめですが出来たらなと思います。お休みといっても何かしら考えてはいますのでね。ご安心を!職業病です。

はじめましての方にお会いするのは、いつも緊張と楽しみとの半分半分ですね。
星の数ほどいるデザイナーの中から、まずは私を選んでもらった事に感謝を。そして絶対に後悔はさせませんという気持ちを。

デザイナーによってもいろいろなタイプがいるかと思いますが、私のスタンスとしてはクライアントとのタッグマッチや、野球で言うところのバッテリー(ピッチャーとキャッチャー)だと考えています。力も借りますし、貸しますというパートナー関係があってこその仕事ですし、生まれる結果かと考えています。

誤解されやすい事かもしれませんが、自分のデザインを押し付けたりはしません。言い方はおかしいかもしれませんが、やりたいデザインというものがありません。(好きなデザインのテイストや、やってみたい仕事の内容というものはもちろんありますよ。)言い方は悪いかもしれませんが、アーティストではないので。

 

『今回のデザインは今の私の気分で表現してみました!』
なんてことはしません。これはデザインではないからです。誤解しているかもしれませんが、もちろんそうでないアーティストさんもいるとは思いますが。、

私の得意な球種で言うと、ストレートとチェンジアップかな?

クライアントから受け取った印象や情報に付加価値や可能性を付け、相手に合わせたちょうど良い力加減で投げ返すこと、また状況に合わせて球種を変えられる事がデザイナーの役割だしあり方だと考えてます。誰のためのデザインなのか?クライアント?その先のお客さん??私のためのデザインでない事は確かです。状況によってはストレートを投げられるのに全て変化球のみで勝負することもあります。

私はエッセンス程度に使ってもらえたらいいんですよ。ここぞというときに。
これまでのすべてのデザインは、苦労して悩み、考えて作り上げたもの。自分で言うのもなんですが好きです。時に良き相談相手であり、背中を押していく、素敵な方向へ導くようなキャッチャーでありたいと考えています。とまぁ素敵なご縁には本当に感謝しています。あれ?野球の話でしたっけ?

 

誤解されたくない熊より

広島のデザイン事務所 greenpoint design|店舗デザイン / グラフィック / Webデザイン
Share

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!

Call Now!!Return to Top ▲Return to Top ▲