Menu

この男子、写真展に出展します。

この男子、写真展に出展します。

greenpoint-hiroshima

また、LOMOで写真を撮り始めようかと考えております。

というのも、先日拝見させていただいた写真展の方に、参加してみないかとお誘いを頂いて、「最近、写真撮ってないよな?!」と写真熱がふつふつと。、

 

写真撮るのは好きなんですがね。撮ろうとして撮ってないといいますか。、

先週末には次回展示のテーマ決めのミーティングがありまして、飲み会?!行きます!と、一つ返事。

まぁ行きますよね。(笑)

 

まさかのど緊張。、そしてコミュ障。、

あたふた。、あぁドンっと構えたいものですw

 

素敵なお仕事をされている、私が一目置く先輩方も多くいる中で、まだまだ自分の器の小ささを感じるのでした。、

BAR PHOTOという集まりです*

本当は、私が考える写真とデザインはみたいな投稿にしたかったんだけどな。、

まだ間に合いますか?(笑)

間に合いませんっ!ふんわり超特急な記事が3番線より出発しております。

 

ということで、軽めに書いていきたいと思います。

写真って偶発的なものだと思うんです。

たまたま撮れるというと聞こえが悪いですが、狙って撮ってもそう撮れないものだと考えています。

物撮り(商業写真など)のように、固定されたカメラで、照明をバチッとあて、狙った写真を撮ることも知識があって、表現したいイメージ何枚も撮るということも可能でしょうが、そこに漂う空気のようなものを読み解こうとすれば、カメラマンの人柄や、表には出ない様々な人の手や考えが写真から読み取れるような気がします。

もちろん、そういった写真は伝えたい物が素直に伝わることが前提のように思いますが。

 

職業病でしょうかね?

人の作品を見るときや、普通に街中を歩いていても、そういう目で見てしまうのです。

カメラの性能は上がり、誰でも手軽に写真が撮れちゃう時代で、プロとアマの差別化をどう図るか。、

カメラマンの友人たちとそんな話しをしたりします。

 

私はまず知識と、対話(コミュニケーション能力みたいなこと)が鍵なのではないかと考えてます。

より引っ張りだす!みたいな?w

あとはデザインと同じで企画力、まぁコンセプトでしょうか?

 

とまぁ仕事柄、伝えることはとても大切なことで、写真を撮ることも誰かに何かを伝えることが今回のお誘いに対する私のスタンスであり、自己満足的な表現ではない何か考えてもらえたり、感じてもらえるような写真を撮りたいなと思います。

当たり前ですが、撮るからには良い作品を!

絵画同様に写真も抽象的な物が好きなので。トグロ120%で世の中的な人のいうアートっぽいのに仕上がるがなw

あ〜はっは(笑)

実は次回展示のテーマも決まり、言いたいのも山々なのですが、まぁ私からは秘密ということで。

 

がんばっても普通に撮れないトイカメラのlomo(フィルム、デジタル)やハリネズミ(デジタル)などを使用して、そこそこな写真の知識と全力のコンセプトで、プロカメラマンやデザイナーが行う展示会で私が何を出展するか、お楽しみに?w

広島のデザイン事務所 greenpoint design|店舗デザイン / グラフィック / Webデザイン
Share

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!

Return to Top ▲Return to Top ▲
Contact