Menu

観光地のお土産物をアピールする方法

観光地のお土産物をアピールする方法

宮島の鹿

昨日は夜から宮島の焼がきのはやしさんで打ち合わせをしてきました。

以前、観光地で効果的なデザインとは?というような内容で少し自分の考えや想いを書いた事がありますので、そちらも合わせて読んで頂けたらと思います。

ちょっと長いのですがね。、(笑)

 

今日は時間をかけて進めている、はやしさんのお土産物のお仕事について少しお話しできたらと思います。

このお仕事については、これまで販売されてきた商品(お店のオリジナルもあれば、県漁連さん等から販売されている商品をそのまま販売されてたりします)を可能な限り統一感をつくり、お店のお土産物としてお客さん(主に観光客の方)にアピールしていくための方法を一緒に考えていくというような内容のお仕事で、これまでに缶詰(カキのオイル漬け)のパッケージから手提げ袋を2種、現在はお弁当(かきめし)の掛紙、海苔のパッケージ、店頭の什器、新たに販売される予定の生ガキの酢醤油のパッケージのお話しもこれから平行して進めていくようなカタチになるかと思います。

まだまだ調整が必要ですが、海苔については現状このような感じで進めております。

image

image

観光地で購入するお土産物はそれ自体が特別な商品であるように個人的には感じていて、歴史のあるお店でもあることからも、昔からずっとあったような商品のようにならないかと関わる様々な仕事でそれを行っていけたらと考えています。デザインとしては必要最小限に止め、少ない手数で効果的なアピールをするためどう見せるか、伝えるかを重要にしております。

店内での飲食からお土産物としての購入が一番理想的な流れかと思いますので、そのタイミングでどう見てもらえるか、興味を持ってもらえるか、もちろん商品のみを購入される方へのアピールも、商品から店内での飲食につなげるようなアピールも出来たらとも思います。

デザイン的なアピールをそこまでしないアピールと言いましょうか?観光地という少し特殊な環境、またアピール合戦のような状況を逆手に取るような事なのかもしれません。

部分的に価値を高めていくのではなく、総合的に足並みをそろえるというか、全体の価値を少し上げられたらというような関わり方をしたいなと考えております。

そのあたりからの可能性を探っている感じで進めております。

新しいメニューで良い案があったら連絡して下さいというようなやり取りで、昨日はお別れをしたのですが、そのような部分から一緒になって関わっていけるような関係を私としてもしていきたいなと思うのでした。

様々な業種や内容のお仕事に関わらせて頂いてますが、まだまだデザインという仕事が見た目の部分の話だと思われている方が多いように思います。

 

はやし什器04

はやし什器08

はやし什器11

はやし什器13

現状の店頭販売用の什器は、酒樽を2つ積み重ね、赤い毛氈を敷き、そこに陳列しているような状況で、こちらの制作も進めているような状況ではあったのですが、個人的には不便さはあるものの、それ以上に樽の台がお店の雰囲気に合っているように感じ、作る事でそのあたりの印象が変わってしまう事のもったいなさからも、作らなくても良いのではないか、見せ方伝え方の部分の工夫でどうにかならないかというような提案にシフトしていましたが、やはり作ることで解決できそう部分があり、最初のイメージ写真の案で調整、制作に向けての検討をしていく事になってます。

このあたりのお仕事の仕上がりで、どのような変化や効果が生まれるかとても楽しみです。

広島のデザイン事務所 greenpoint design|店舗デザイン / グラフィック / Webデザイン
Share

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!

Return to Top ▲Return to Top ▲
Contact