Menu

[デザイン経営] デザインの可能性で事業のサポート、外部パートナーの可能性

デザイン経営という言葉が少しづつ浸透し、経営やビジネスに効果的なデザインを取り入れるというような動きも増えてきているように感じます

 

デザイン経営は経営者視点に立ち、できるだけ客観的に何が問題なのかを一緒になって考えること

まだまだデザインをすることの意味やデザイナーのスキルへの理解がされず、あまり重要視されることがないように思います。 デザイナーの多角的な視点や問題解決能力で、また表面に見えていない部分の根本的な問題の見える化をお手伝いします。   社外に自社のアピールをするような場合にもデザインで効果を狙うこと、改善できることもできますが、実は社内に対してもしっかりと目を向け、社員の視点にも寄り添った施作をする場合にもデザインは経営に結びつく、より良い結果につながるような可能性があるかも知れません。 定期的に継続して外部のデザイナーと話をすること。これはデザイナーに限った話ではありませんが閉鎖的な組織の風通しを良くするというような機会は必要なようにも思います。  

 

デザイナーは何かを作る人というイメージを変えて欲しい

何かをデザインする人、作る人ととしてデザイナーをイメージされている方も当然多くいるように思いますが、実はデザイナーとしての役割は問題を提起しその問題を解決することであるように考えております。

時に現状を打破するためこれまで継続してきたやり方を変えることも提案しますし、それを一度壊すようなことも場合によっては検討することも必要なように思います。  

 

デザイン経営とは問いかけです

デザインを行うことで具体的な何か答えを見つけるというものではありません

これをデザインすることで何かが変わるというものではありません。デザイン経営とは新たな問題提起や問いかけである考えております。 経営者の凝り固まったマインドを変えるような問題提起をお約束します。

まずは一度お話を聞かせてください。私たちがご協力できることがあれば幸いです。  

 

    Contact






    Share

    This is a unique website which will require a more modern browser to work!

    Please upgrade today!

    Return to Top ▲Return to Top ▲