Menu

ブランディング(ブランド作り)とデザイン

私たちが考えるブランディングとは価値を再認識すること

ブランディングとはモノやサービスなどのブランド価値をまずは再認識することであり、その価値を例えば社内での共通認識として共有する事から始まり、それを広く伝えていくこと。より良いブランドづくりとは何か、またその可能性についてを検討していくことがブランディングであると考えております。

ブランドの価値については当事者ではなかなかその価値や可能性についてを認識しにくく、側から見ているととても魅力的に感じるモノやサービスでも、至って普通なモノであり、当たり前なこととして考えている場合も多く、そういった面についてを外部から客観的に捉え、良い部分はより良く育てていくように、問題点や改善すべき点は指摘していけるようなパートナー関係が必要となります。

ブランドの可能性は今現在のモノやサービスの中にあり、その価値や可能性を再認識することで問題点が明確化され、良い部分はより丁寧に磨き上げ、悪い部分は改善、改良していいくことでも新たな課題は見つかります。

 

ブランド作りは高級なものを作るという行為ではありません。良い商品やサービスの価値をより丁寧に伝えること、1人でも多くのファンの方に対して想いを伝えることが大切です。そういった小さな積み重ねがブランドとして成長し、商品やサービスについての価値となると考えております。そういったブランド作りに必要な丁寧なお手伝いを我々は得意としております。

広島のデザイン事務所 グリーンポイントデザイン |ブランディング・グラフィックデザイン・店舗デザイン
Share

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!

Return to Top ▲Return to Top ▲
Contact